USER’S VOICE
03

家族みんなの素肌の「お守り」です

中野さまファミリー
 

家事に育児、そして仕事。毎日を頑張るママのためのヘアサロン<hec hair>。
ご自宅の一角でプライベートヘアサロンを営む中野さんに、HOLOのある暮らしについて伺いました。

子どもたちの
健やかな肌を守るために

HOLOとの出合いは数ヶ月ほど前。サロンのお客さんに愛用している方がいて、その方にすすめられて使い始めました。

我が家は、長男は肌が強いのですが、長女は乾燥しやすい肌質。年中肌のどこかがカサついていて、保湿クリームや皮膚科のお薬が欠かせないほど。冬場は特にかゆみや肌荒れを起こしがちだったんですが、スキンケアをHOLOにシリーズに変えてからかゆがることが減ってきた気がします。使い続けることで、肌のバリア機能が少しずつ整ってきたのかもしれません。

すっと馴染んでベタつかないから
家事や仕事中の保湿にも

母の私は日常の家事に加え、サロンワークでも手指を酷使します。水や薬剤に触れる機会も多いので、手指の保湿はとても大切。最近は「ちょっと贅沢かな?」と思いつつ(笑)、ピュアクリームをハンドクリームのように使っています。軽めのテクスチャーで肌に馴染みがよく、塗ったあともベタつかないのですぐに次の作業に移れるのも気に入っているポイント。最近は子どもたちがお皿洗いなどをお手伝いしてくれることも多く、終わったあとに家族でピュアクリームをさっとひと塗りしています。

毎日のお風呂に欠かせない
ピュアソープとピュアクリーム

ピュアソープは、家族みんなで毎日のお風呂で使っています。顔はもちろん、体を洗うときにも。ネットでたっぷりと泡立てて、そうっと撫でるように肌に乗せて。洗い上がりはさっぱり、でも全然肌の乾きやきしみを感じないのがいいですよね。肌に必要な潤いがちゃんと残っているみたいで、お風呂上がりもしっとり。仕上げにピュアクリームを全身にたっぷり塗れば、子どもたちのスキンケアは完了。これまでは「ベタベタするからいや!」とクリームを塗るのを拒みがちだったけど、ピュアクリームに変えてからは嫌がらず、大人しく塗らせてくれるようになりました。きっと香りが優しいから塗っていて本人たちも気持ちがいいんでしょうね。これからもHOLOを使い続けて、子どもたちの健やかな肌を作ってあげたいな、と感じています。

hec hair

「大型店では髪の相談がしづらい」「子連れでも気兼ねなく通えるヘアサロンがあれば」そんなオトナ女性のお悩みに応える完全予約制のプライベートサロン。

USER’S VOICEの一覧に戻る