08

薬ばかりに頼らずアトピー対策!赤ちゃんのアトピーには無添加固形石鹼で肌質改善

赤ちゃんの肌トラブルで代表的なアトピー性皮膚炎。たくさんのママ・パパが悩まされているでしょう。赤ちゃんの頃に現れるアトピー性皮膚炎は、正式には「乳児アトピー性皮膚炎」と言います。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す肌の病気で、そして「アトピー素因」を持ちます。慢性的とは1歳未満の赤ちゃんであれば2ヶ月以上、1歳以上であれば6カ月以上継続していることを言います。

「アトピー素因」とは、①家族に喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎にかかったことがあるか、患者さん自身がかかったことがある。②IgE抗体を産生しやすい体質を言います。

アトピー性皮膚炎の症状

症状が悪化する要因

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因はひとつではなく、様々な要因が重なっておこる場合が多くみられます。その悪化要因の例として、黄色ブドウ球菌、ダニやカビ、汗、ペットなどが挙げられます。

お家でできるアトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎は短期間で治るものではないので、根気よく向き合っていかなければいけません。赤ちゃんの健康な肌状態に回復させるためにはまず、バリア機能を正常に戻すことが大切です。そのための治療方法は3つあります。

スキンケア

スキンケアでアトピー性皮膚炎の悪化原因である汗などの皮膚の汚れ、黄色ブドウ球菌やアレルゲンなどの刺激を防ぐことができます。
からだの汚れや黄色ブドウ球菌などを落とすのに石けんを使いますが、その石けんによる刺激を与えてしまってはいけません。アトピー性皮膚炎を引き起こしている赤ちゃんにはできるだけ肌にやさしい無添加の石けんを使うようにしましょう。おすすめは固形石鹼です。液体や泡のボディソープは合成の界面活性剤や保存料などの化学成分を含んでいるものが多く、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんにとって肌の負担になる場合があります。

家のアレルゲン対策

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因にダニ、カビ、ペット、ハウスダストなどがあります。これらから守るために、こまめな換気・掃除をしましょう。ダニがもっとも多い布団は天日干しをしてその後掃除機をかけると効果的です。エアコンはカビやホコリを室内に舞い上がらせてしまうのでフィルターは定期的に掃除しましょう。

肌にやさしい無添加の固形石鹼を使って肌を清潔にしていれば次第に湿疹やかゆみがなくなっていくこともあります。もちろん医師の適切な診断を受けることが前提ですが、できることから改善していくことも大切です。

HOLOを使って正しいスキンケア

正しいスキンケアで赤ちゃんのアトピー性皮膚炎から守ってあげましょう。皮膚のバリア機能を正常に保ち、肌の水分量が減少しないようにするため、正しいスキンケア方法を見ていきましょう。

赤ちゃん・敏感肌の方向けスキンケアブランド「HOLO〈ホロ〉」
HOLOの開発者も幼少の頃からひどいアトピー性皮膚炎に悩まされていました。医薬品(薬)に頼っていた開発者は、薬によって一時的に症状が緩和しても、やめた途端に炎症が再発してしまうと感じ、安心してずっと続けられるスキンケア製品を生み出しました。赤ちゃんや敏感肌に悩まれている方向けに作られた製品は無添加で低刺激。肌への安全性を徹底検証したスキンケアブランドです。

肌の洗浄

清潔にする石けん選びはとても重要です。おすすめは無添加の固形石鹼です。液体や泡で出てくるボディソープは合成の界面活性剤が含まれていることがあります。合成の強い界面活性剤は、肌の汚れを落としてくれますが、肌に必要な皮脂や常在菌までも落としてしまう可能性があります。また、そのようなボディソープは泡切れが良くないため、しっかり洗い流さないと、洗い流したと思っても肌に残っている場合があります。

HOLOの無添加の固形石鹼“PURE SOAP”は天然の弱い界面活性剤とアルカリ性の洗浄力が絶妙なバランスで肌へアプローチし汚れを落としてくれるので、さっと泡落ちして肌に残らないのです。そして、合成界面活性剤だけでなく、合成着色料・酸化防腐剤・保存料が一切使われていない無添加固形石鹼です。

肌の保湿

肌の保湿を怠るとアトピー性皮膚炎が悪化する恐れがあります。赤ちゃんの肌は季節に関係なく乾燥しやすいのです。特に赤ちゃんをお風呂に入れた後はどんどん乾燥していきます。できるだけ早く保湿剤を塗ってあげましょう。保湿剤選びもとても重要です。石けん同様、保湿剤も無添加がおすすめです。

HOLOの保湿クリームは、保湿に必要ない成分は一切含まれていません。低刺激処方のこの無添加保湿クリームはアトピー性皮膚炎の赤ちゃんでも安心して使用できます。

コラム一覧へ戻る

COLUMN