07

出産祝いをお探しなら赤ちゃんとママが一緒に使えるオーガニックの石けんを贈ろう!肌にも環境にもやさしいギフトセット

家族や友人、職場の同僚などに赤ちゃんが生まれたら、出産祝いはどんなものを贈りたいですか?どんな材料で作られていて、作り手の思いやストーリーがどう心に響くのか。大切な人へ贈りたくなる本当に良いものを選ぶ参考になれば幸いです。

出産祝いを贈る時期や金額

出産祝いを贈る時期

出産祝いを贈る時期は、赤ちゃんの生後7日~1カ月以内と言われています。母子ともに健康であることを確認してから送るようにしましょう。

また、出産直後は母子の体調が万全でない場合もあります。入院中の贈り物はタブーとされているため、贈り物の時期として最善なのは赤ちゃんの生後2週間~3週間ごろでしょう。可能であれば、贈る日はお日柄の良い「大安」を選ぶと良いでしょう。大安は一日中何をするにもOK、縁起が良いとされる日なのです。大安が難しい場合は、「友引」もおすすめです。

出産祝いの金額

出産祝いのプレゼントの相場は、贈る相手との関係性によって金額の相場が異なります。兄弟姉妹へは¥10,000~¥50,000、親戚へは¥10,000~¥30,000、友人・職場の同僚へは¥3,000~¥10,000です。グループで贈る時は、ギフトの予算を少し上げることも可能ですが、ギフトの内容をみんなで話し合う必要があるので、余裕を持って準備しましょう。

出産祝いを渡すときのマナー

出産祝いを直接病院に持って行くのはNGとされています。お母さんと赤ちゃんが退院してから直接自宅へ届けるか、郵送しましょう。自宅へ訪問するときは事前に連絡し、相手の都合や体調を最優先しましょう。また、慣れない育児で苦戦していたり、お母さんと赤ちゃんともに心身デリケートな時期ですので、長居しないよう配慮しましょう。

出産祝いには熨斗(のし)をつけるのが一般的です。水引は紅白5本の蝶結びを選び、表書きは「御祝」や「御出産祝」と書きましょう。

出産祝いにおすすめオーガニックの石けん

出産祝いにはもちろん生まれてきた赤ちゃんのお祝いですが、ママに対しても労いの意も込めて選ぶと良いですね。赤ちゃんにもママにも使えるオーガニックの石けんはいかがでしょうか。

デリケートな肌を持つ赤ちゃんは新生児の頃からのスキンケアが重要です。オーガニックの石けんは自然由来の成分を中心に作られており、肌への負担が少ないとされているので赤ちゃんにも安心で、家族みんなで使うことができます。スキンケアの時間は、赤ちゃんとママがスキンシップをとる大切な時間です。

オーガニックの石けんが入ったHOLOのギフトボックス

出産祝いのギフトにおすすめのHOLOのギフトボックスは2種類あります。

どちらのギフトボックスにも入っているHOLOのスキンケアシリーズは、赤ちゃんから肌の弱い大人の方まで使えるオーガニック化粧品です。

HOLOの石けんは「植物油脂100%の石けん素地」のみで作られ、香料・保存料・防腐剤などの添加物を一切使っていないオーガニック石けんです。シンプルなオーガニック素材のため肌への刺激が少なく、赤ちゃんと家族みんなが同じ石けんでからだを洗うことができます。
このオーガニックの石けんでやさしくからだを洗ったあと、HOLOの保湿クリームで全身を保湿したらスキンケアは完了です。

HOLO GIFT 01

HOLOのオーガニックの石けんと保湿クリーム(ポンプタイプ)、NOMADIXの機能性タオル(ハンドサイズ)がセットになったギフトボックスです。
NOMADIXの機能性タオルは、ただのタオルではなく、使用済みのペットボトルからできるリサイクルポリエステル繊維を使用して出来たタオルです。機能性にも優れており、一般的なタオルに比べて約4倍もの吸水性と速乾性があります。

HOLO GIFT 02

HOLOのオーガニックの石けんと保湿クリーム(チューブタイプ)、Soilのお風呂&洗面所用の石けんホルダーがセットになったギフトボックスです。
Soilは国産珪藻土を用いて作られてプロダクトブランドです。保湿性や吸水性に優れ、呼吸する素材としても注目される土の特性をそのまま活かし、天然の素材でできているため、敏感肌の方にもおすすめです。

ギフトボックスに詰まったすべてのアイテムがこだわってできています。その良さを知ってしまうと大切な人に贈りたくなりますよね。ぜひ大切な人への出産祝いに贈ってみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

COLUMN