06

赤ちゃんのおむつかぶれには低刺激ベビーソープでホームケア!

赤ちゃんの肌は“ぷるぷる”“すべすべ”という印象がありますが、実際にはとても敏感肌のため、少しの刺激で様々な肌トラブルが起こりやすく、一年中肌が乾燥しています。そのため、赤ちゃんのスキンケアの基本として低刺激のベビーソープで肌を清潔に保ち、保湿剤も赤ちゃんに低刺激なものでしっかり保湿してあげることが大切です。

赤ちゃんのスキンケアはどれを使っても良いわけではなく、低刺激のベビーソープや保湿剤を使うと、スキンケアによる赤ちゃんの肌トラブルから守られます。しかし、間違ったスキンケアや知識不足で肌にダメージを与えているかもしれません。

また、どんなに赤ちゃんの肌ケアを頑張っても、赤ちゃんの間はアトピーやおむつかぶれ、あせもなどになってしまうことはよくあります。その中でも今回はおむつかぶれの原因と対処法をご紹介していきます。

おむつかぶれの症状

赤ちゃんは一日中おむつをつけていますね。そのおむつによる摩擦が起こりやすいウエスト部分や、汗や皮脂が溜まりやすいおしりの割れ目や脚の付け根などにできる湿疹のことをおむつかぶれといい、特に1歳以下の赤ちゃんによく見られます。
医学的には「おむつ皮膚炎」と呼ばれています。症状としては、皮膚が赤くなるもの、ぶつぶつができるもの、そして症状が重くなると皮膚の表面が剥け、ただれて強いかゆみと痛みがあることもあります。

おむつかぶれの原因

その名の通りおむつ自体やおむつの中に原因があります。おむつの素材やサイズが合っておらず、肌に摩擦が起きて炎症を起こしてしまうケースや、おむつを長時間付けていると、おしっこやうんち、汗でおむつの中が蒸れて炎症が起きるケースがあります。また、汗や皮脂、排泄物などが雑菌を増殖させることによっておむつかぶれを引き起こすこともあります。

おむつかぶれの対処法

おむつ自体に原因がある場合

赤ちゃんに合うサイズのおむつを使用するようにしましょう。また、おむつの素材にも気をつかい、お使いの素材が合わない場合は、他社製品のものや、紙おむつ、布おむつなどに替えると改善される場合があります。

おむつの中に原因がある場合

赤ちゃんに排泄があったらすぐにおむつを交換し、おしりが汚れている時は、おしり拭きでゴシゴシするのではなく、ぬるま湯で洗い流し、ふわふわのタオルで水気を拭き取ります。沐浴する場合はよく泡立てた低刺激のベビーソープで洗浄し、赤ちゃんのおしりが清潔になったら、保湿剤も低刺激なものを選び、たっぷりと塗ると良いでしょう。

赤ちゃんは自分で排泄物の処理や汗を拭うことができませんが、痛み・かゆみ・不快感を泣くことで表現できます。とは言え、赤ちゃんは毎回サインを出してくれるわけではありません。また、日本の夏は気温と湿度が高く、さらに赤ちゃんは汗っかきという特徴を持っており、おしっこをしていなくてもおむつの中が蒸れやすくなるので、おむつの中が蒸れ赤ちゃんのおむつの中の環境は細かくチェックすると良いでしょう。

もし症状が重く、ホームケアだけでは改善が見られない時は、おむつかぶれではなく皮膚カンジダ症の可能性があります。皮膚科に相談し外用薬を使用するなど医師の適切な措置が必要です。

おむつかぶれにおすすめの低刺激ベビーソープ

おむつかぶれを起こしている赤ちゃんにとって、患部への刺激は良くありません。赤ちゃんの肌を清潔にするベビーソープでも、赤ちゃんに刺激が強いもの、肌に合わない添加物が含まれているものはなるべく避けたほうが良いですよね。また、おむつかぶれを予防・対処しようと、洗いすぎると肌に必要な皮脂や常在菌まで洗い流してしまい、肌のバリア機能が低下し、かえって肌を守る力が弱まっていきます。大人よりも敏感な肌を持っている赤ちゃんは、低刺激のベビーソープでやさしく洗うことを心がけましょう。

低刺激なベビーソープをお探しならHOLOへ

低刺激のベビーソープでおすすめなのが、HOLOのピュアソープです。このピュアソープはやさしい洗い上がりで無添加・無香料。肌を「守り」、肌のバランスを整えるという考え方から作られているため、肌を清潔にするだけでなく、水分と油分のバランスを整えてくれて、おむつかぶれに悩む赤ちゃんにぜひ使っていただきたいベビーソープです。

もちろん、ベビーソープとしてだけでなく、大人の肌の弱い方にもおすすめで、家族みんなで使える石けんです。

ピュアソープで肌を洗浄したあと、HOLOのピュアクリームを併せて使用するとおむつかぶれからも、より肌を守ることができます。このピュアクリームももちろん低刺激の保湿クリームで、赤ちゃんや肌の弱い方のために作られています。すべての肌の悩みに重要な肌の洗浄と保湿。ぜひHOLOのスキンケアシリーズを使ってみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

COLUMN